« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

二階

  08827_3 二階の0882708827_2柱を建て、小屋梁をのせ始める。 主に人力による作業。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一階部分

08826材木を一面に並べて、土台・柱・梁などの番付けを確認する。

08826_208826_8 土台/一階柱/梁 を組み立てる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水道の公道分引き込み

Photo_4 宅地転用の許可後に、公道分の水道引き込み工事を行った。建築場所まで30mだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築までの手順

Photo_2

農地の購入にあたり、家を建てられる場所がどうか、事前に各行政機関に打診・下調べ をした。

購入した農地は、田んぼで道路よりかなり低かったが、地域の人のご好意で道路の高さまで土を入れもらって畑にした。

農業振興地域なので、宅地に転用するためには3年間耕作する必要があった。

この間に、農家住宅の構想固め/設計/提出書類の作成を行った。

3年経過後に「農業振興地域整備計画の変更に係わる農用地指定除外申請書」の提出をした。

許可された後、「農地転用承認申請書」を提出し、宅地としての転用が認められた。

最後に、建築基準法による「確認申請書(建築物)」を提出し、確認済証の証明をもらった。

いよいよ現地工事に着工。

これらの手続きをする間、関係する多くの方々にお世話になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4年後 材木の運び出し

Photo 8211821_34年間保管していた材木を、運び出す。ほぼ無事で、ホッとする。

(保管上にいくつかのポイントがあった。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年家屋解体材料のストック

Dscf0130     2004年夏に二階建て家屋を職人さんと一緒に解体し、小屋組み(柱材)をもらった。2ヶ月かけて釘を抜き、保管するために積み上げました。

←この山がもう一つありました。

0404_2

黙々と釘を抜きます。

041223釘は合計60kgありました。

041227041223_2

2004年12月31日完了

| | コメント (0) | トラックバック (0)

基礎工事終盤

08820  基礎立ち上がりの型枠に生コン打設。最後に天端材を流し込む。088201

 

088200   天端材を溶く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

基礎工事始まり

  0889088113基礎の配筋をする(8/9)

                           

ベタ基礎底部0887 にコンクリートを打つ

連日の真夏日 ア・ツ・イー!

水道の水をかぶる (8/11)

                              

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ着工

08724 土地の四隅に、塩・お米・お酒を撒いて地鎮の祈願をした。

それから家の位置出しを行った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »